運動療法① 糖尿病

糖尿病とは、すい臓で作られるホルモンであるインスリンの作用不足により引き起こされる慢性的な高血糖(血液中のブドウ糖の値が高い)状態をさします。いわゆる代謝異常です。

糖尿病の運動療法には、有酸素運動である、水泳、ジョギング、体操、サイクリングなどが推奨されています。ブドウ糖だけではなく脂肪まで燃やそうとすると充分な酸素が必要となるからです。

運動により低下しているインスリンの作用がよくなるのですが、その量は、個人差もありますが、
1日平均150キロカロリーくらいを目標にしていきます。

例えば、
歩行なら30-40分、自転車なら30分、軽いジョギングなら20分、縄跳びなら10分、平泳ぎなら10分が約150キロカロリ-に相当します。何よりも続けることが大切ですから、運動療法について気がかりがある方は、ご遠慮なくご相談してください。

※血糖値が250mg/dl以上で尿中のケトン体陽性、最高血圧が180mmHg以上の高血圧、眼底出血、腎機能低下がみられるときはかかりつけ医と相談しながら運動療法を中止もしくは調整しましょう。



最先端スキンケアのメディカルエステ

当院のメディカルエステはこんなお悩みに対応しています。
・シミ、そばかす、くすみ、ニキビ、赤ら顔、毛穴縮小、肌質改善、全身脱毛
・ダイエット中の代謝促進、腰痛、肩こり
・抜け毛予防、育毛治療
最新のレーザーフォト「ソラリ」と、お肌の老化を防ぐ最新のLED「ヒーライトⅡ」を取り入れた施術です。

次の記事

ドライアイには…