食事のとり方

コロナでお家での食事の回数が増えていませんか?
アンチエイジング学会の雑誌が毎月送られてくるのですが、広島大学の緒形ひとみ先生のお話が興味深かったので書かせていただきますね

食事の注意点として

朝食
①朝食は、起床から2時間以内に摂取するのが望ましく、朝食と昼食、夕食のエネルギーの比率は3:4:3(朝食は多めに 夕食は控えめに)にする
② 朝食は、夜からの絶食時間が長くなると筋肉の分解が始まるので、たんばく質をとる。あっさりしたところでは、豆腐や納豆の豆類や魚がいいですね。
③ 同時に炭水化物もとると体内時計のリセット効果が高まる
④魚肉練り製品、魚の缶詰などをとると、ω3脂肪酸による体内時計のリセット効果と中性脂肪を抑える効果がある
⑤発酵食品をとる
⑥塩分をひかえる
⑦カフェインをとる(体内時計のリセット効果)

昼食
①しっかり食べる
②食物繊維をとる(夕食の血糖値上昇を抑える)

夕食
①血糖値がもっとも上がりやすいので食べる順序に注意する(野菜からよく噛んで食べるとかですかね。ご飯や麺類、パンなどの炭水化物は血糖値があがりやすいので後にまわす)
②骨粗鬆症の予防のため大豆製品をとる
③就寝2時間前には食べ終わるようにする
④適量のアルコールは、リラックス効果と血糖値上昇抑制効果がある

時間が、あられる方は、実践いかがでしょうか?

最先端スキンケアのメディカルエステ

当院のメディカルエステはこんなお悩みに対応しています。
・シミ、そばかす、くすみ、ニキビ、赤ら顔、毛穴縮小、肌質改善、全身脱毛
・ダイエット中の代謝促進、腰痛、肩こり
・抜け毛予防、育毛治療
最新のレーザーフォト「ソラリ」と、お肌の老化を防ぐ最新のLED「ヒーライトⅡ」を取り入れた施術です。

前の記事

THE SyukuGawa

次の記事

訪問リハビリ!