正しい呼吸を身につけましょう~呼吸のメカニズム~

 皆さんは普段、呼吸を意識的におこなっていますか?大半の方が無意識的におこなっていますよね。そんな呼吸ですが、正しい方法を身につけるとリラックス効果を得られたり、息切れがしにくくなったりと様々なメリットが期待できます☆☆今回はそんな呼吸にのしくみについてご紹介させて頂きたいと思います(^O^)

 呼吸の本質は生体のエネルギー代謝を回転させることにあります。細胞がエネルギーを作るには酸素が必要で、エネルギーを消費すれば二酸化炭素が発生します。この酸素を外気から取り入れ、二酸化炭素を排出するのが肺の役割です。肺は吸気(息を吸うこと)によって酸素を取り込み、呼気(息を吐くこと)によって二酸化炭素を排出しています。

 次は吸気と呼気について簡単にご説明したいと思います。呼吸は肺そのものが動いているのではなく、肺を覆っている胸郭の容積が変化することで間接的に伸ばされたり縮んだりしています。その結果、空気を取り込んだり排出がおこなわれているのです。胸郭の容積は呼吸筋の働きによって変化しています。
 吸気では主に横隔膜と外肋間筋が働き、呼吸補助筋として胸鎖乳突筋・斜角筋などが吸気を助ける働きをします。呼気で働く主たる呼気筋はいわゆる腹筋と内肋間筋です。

 吸気では外肋間筋が収縮すると、肋骨が持ち上がって胸郭が前後左右に拡大します。そして横隔膜が収縮すると下に降りて、胸郭がそれに伴って上下に拡大し、結果外気が取り込まれます。これによって肺は伸ばされ息を吸い込むことがで切るというしくみです。外肋間筋の収縮が優位に働く呼吸を”胸式呼吸”といい、横隔膜が優位に働く呼吸を”腹式呼吸”といいます。

 反対に呼気では外肋間筋と横隔膜が弛緩して胸郭が縮小します。それによって息を吐き出すことができるのです。実は健常人の安静時呼吸では呼吸筋はほとんど働いていません。ちょうどゴムを引き伸ばして手の力を緩めると元の長さに戻るのと同じで、吸気筋が弛緩することによって自然に元の位置に回復するためです。そのため呼気筋が働くのは安静時以外の”努力呼気”の場合ということになります。

今回は呼吸の簡単なメカニズムについてご説明させて頂きました☆☆次回は正しい呼吸の具体的な方法について一緒に学んでいければと思います😊

最先端スキンケアのメディカルエステ

当院のメディカルエステはこんなお悩みに対応しています。
・シミ、そばかす、くすみ、ニキビ、赤ら顔、毛穴縮小、肌質改善、全身脱毛
・ダイエット中の代謝促進、腰痛、肩こり
・抜け毛予防、育毛治療
最新のレーザーフォト「ソラリ」と、お肌の老化を防ぐ最新のLED「ヒーライトⅡ」を取り入れた施術です。

次の記事

ローズマリーの成長